HOME観る・遊ぶ > 出雲山展望台
出雲山展望台
出雲山展望台
その昔、出雲の大国主命(おおくにぬしのみこと)の娘である下照姫命(したてるひめのみこと)は、出雲から船でこの地にお着きになり、倭文(しとり)神社境内に定住。命は故郷をしのび、この高台に歩みを進めては遠く出雲を望まれたそうです。この姿を見た人々は、いつしか出雲山と呼ぶようになりました。現在は、展望台として整備されています。
フォトギャラリー
お宿基本情報
名称 出雲山展望台
住所 鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内