HOME観る・遊ぶ >九品山会式
九品山会式
九品山会式(くほんさんえしき)
九品山大伝寺の開創は1024(万寿1)年で、大和の当麻寺(たいまでら)から中将姫(ちゅうじょうひめ)の遺跡を分移しています。その時、「当麻寺の練供養の儀式でお迎えし引き移したので、この周辺を引地という」と伝えられています。

九品山会式は旧暦3月14日の日暮れから15日にかけて行われ、15日の午後は流れ勧請(かんじょう)の供養に続き、中将姫の練り供養が行われます。
フォトギャラリー
お宿基本情報
名称 九品山会式(くほんさんえしき)
会場 九品山 大伝寺
住所 鳥取県東伯郡湯梨浜町引地509
TEL 0858-32-0954(九品山 大伝寺)