HOME観る・遊ぶ > 倭文神社
倭文神社
倭文神社(しとりじんじゃ)/伯耆一ノ宮
伯耆一ノ宮である倭文神社は、健葉槌命(たけはづちのみこと)・下照姫命(したてるひめのみこと)などを祭神とし、安産の神としても知られます。
この地方は、織物を生業とする倭文族が多く住んでいたことから、織物の祖神といわれる健葉槌命を祀るため、創建されたとも考えられています。

伝えによると大国主命(おおくにぬしのみこと)の娘、下照姫命(したてるひめのみこと)が出雲からこの地に着き、この地に住居を定め、安産の普及に努めたといわれています。境内には「安産岩」と呼ばれる岩があります。5月1日の例祭は、「一宮さん」として親しまれています。
フォトギャラリー
お宿基本情報
施設名 倭文神社(しとりじんじゃ)/伯耆一ノ宮
住所 鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内
チラシ コチラよりダウンロードできます